こんにちは、サウナンヤルケンです。

本記事は本当に雑記なので読み飛ばしていただいて構いません。また、特定のイベントを批判するものではありません。

ご承知の上お読み頂けたら幸いです。

表題の通り、その無料イベントは本当に必要ですか?という問題提起です。

弊社はテントサウナ輸入、レンタル業ということもあり

全国各地のサウナ施設や複合施設に対して直接営業をする機会が多くあります。

その度に伺うわけです。「最近の状況はいかがですか?」と

皆さん口を揃えておっしゃいます。「いやー、儲からないね」

そうなんです。サウナ業は儲からないんです。

弊社も本当に儲かってないです。

これだけ世間ではサウナが流行しているのに。

でもお客様や世間の声を見ていると皆さん仰るんです。

輸入物のテントサウナは高い!」とか「サウナ料金が高い!」とか

日本に海外製品を輸入して販売するとなると、かなりの関税がかかるんです。

それでも弊社が日本に輸入して販売する理由は、

テントサウナを国内ですぐ販売できるようにするためです

輸入してから到着するまでの手間を弊社で執り行ってるわけです。

でも、輸入して使ってみて使用感が違うとかそういう不満があったら怖いですよね?

だから弊社でレンタル業をしてるわけです。

仕事として行っている以上、もちろんお金はいただきます。

ここで表題、「その無料イベント、本当に必要ですか?」に戻ります。

前提として、

1.サウナ業は儲かってない

2.輸入業は関税がかかる

を念頭に話を進めると

無料でサウナが体験出来るとすると、みなさんそっちに行きたいですよね?

よそのサウナ行く時に、「あそこだったら無料なのになー」って思ってしまいますよね?

無料でサウナが体験出来てしまうと、有料のサウナが高く感じてしまうんです。

結果無料のほうに人が集まるわけです。日本は給料が安くて、多くお金を持っている人はごく少数なので。

結果、料金に不満が出て有料のサウナには人が集まらなくなります。

サウナの市場価値はどんどん下がります。国内の銭湯もコロナ禍影響によりどんどん閉店してます。

業界を守るために、無料でサウナを体験出来るイベントは如何なものか。という話です。

弊社も無料体験イベントを埼玉県飯能市のメッツァビレッジ様にて実施させて頂きました。

でもそれは、本格的な体験ではなく

着衣で、かつロウリュのみ、での体験です。

目的は普段サウナを利用しない層への新規顧客開拓でした。

本格的なテントサウナの無料イベントはどうなんでしょうか?普段サウナを利用する人しか来ないのではないでしょうか?(憶測でしかありません、すいません)

普段サウナを利用する人に無料でサウナを提供しても、ただ価値を貶める行為にしかなりえません。

本記事をお読みになった方がどのような意見をお持ちになるかは分かりませんが

弊社は事業を継続するために、市場価値を維持するために

サウナを安く提供することはできません。申し訳ありません。

大変長い記事になってしまいましたが、いかがでしたでしょうか。

サウナに対してのあり方を今一度考える記事になれば幸いです。

以上